境内のご案内
ホーム > 境内のご案内

境内のご案内

大黒天祈祷所
大黒天祈祷所
関東大震災後、昭和四年に再建
七福神堂
七福神堂
平成三年九月二十日に七福神を安置
木造二十八部衆立像 附風神雷神像
大黒天祈祷所
建武二年(一三三五)仏師上総法橋の手で造立され、当寺に納められた。本尊の守護神として制作されたものと推定される。南北朝時代の作といわれる。
水子地蔵尊
水子地蔵尊
昭和六十二年四月開眼
木造千手観音立像 附木造行道面
木造千手観音立像
像高一・七二メートル真野寺の本尊で行基の作と伝えられている。像の面部に行道面がかぶされている。一木から彫り出されている。
木造大黒天立像
木造大黒天立像
像高一・四一メートルで、寺伝によると貞観二年(八六〇)慈覚大師が本山に参籠中一刀三礼で彫られたとされている。豊かな頬と肥満した体軀をもち、施福神の性格を明らかにしている。肩に大袋を背負って右手で木槌をもち、両足を大きく開き俵の上に立っておられる。
白寿延命地蔵尊
白寿延命地蔵尊
平成元年六月開眼
本堂に至る男坂
本堂に至る男坂
樹齢百数十年の杉木立
紫陽花
紫陽花
新四国八十八箇所霊場

 
四国八十八ヶ所霊場をお作りになったお大師様のお教えを受け継ぎ、「真野寺新四国八十八
ヶ所お砂踏霊場満願所」を建立いたしました。四国へ行けない人びとが本満願書を巡拝
すれば、四国を歩き四国のお寺にきている心になるわけです。

お問い合わせ 〒299-2524 千葉県南房総市久保587 電話  0470-46-2590 FAX 0470-46-2519 交通アクセス
宝槌 年間行事 境内のご案内

ページ上部へ